硬水 軟水

硬水 軟水



」は、私たち人間をはじめ植物、動物など、あらゆるすべてのものに対してなくてはならないものです。
自分に合ったを探したい人、健康に関心のある人、新しい健康法を探している人など、
気になる人はぜひ、参考にしてみてください。




リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活>硬水と軟水



硬水と軟水


「硬度」とは1gに溶けているカルシウムイオンとマグネシウムイオン
の量を表した数値です。


硬水・・・120r/g以上
軟水・・・120r/g未満


になります。
一般的には硬度が高いほど飲みにくいといわれています。


硬水の特徴

カルシウム、マグネシウム、その他のミネラルが豊富である。
マグネシウムが多いと苦味が強く味にくせがあり飲みにくく感じる。
マグネシウムが多すぎると胃腸障害を起こす場合がある。
ミネラル補給に適している。
石鹸の脂肪酸とマグネシウムが結合すると泡立ちにくくなる。


軟水の特徴

カルシウムとマグネシウムが少ない。
ミネラルが少ないので味にくせがない。
マグネシウムが少ないので乳幼児の粉ミルクを作るのに適している。
お茶やコーヒーなどに適している
素材の味を損なわないために料理に適している


水の硬度を知るには次の方法で計算します。


硬度の計算方法
硬度=(カルシウム量r/g×2.5)+(マグネシウム量r/g×4)




このページの上へ次のページへ
《水って何?》
水の性質
水の効用



《おいしい水 》
美味しい水とまずい水
硬水と軟水



《水と生活》
硬水、軟水と料理
水を飲むタイミング
愛煙家の人に
アルコールがかかせない人に



《水と体》
体内での水のはたらき
水を飲むとむくむのはウソ
体に合う水、合わない水
水でダイエット
ドロドロ血液と生活習慣病



《自分に合う水はどれ? 》
自分に合った水を見つけるキーワード
市販ボトルのラベルの見方
アルカリイオン水
海洋深層水
水道水


Copyright (C) リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活 All Rights Reserved