水 料理

水 料理



」は、私たち人間をはじめ植物、動物など、あらゆるすべてのものに対してなくてはならないものです。
自分に合ったを探したい人、健康に関心のある人、新しい健康法を探している人など、
気になる人はぜひ、参考にしてみてください。




リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活>硬水、軟水と料理



硬水、軟水と料理


硬水と軟水を使い分けると料理の味がちがってきます。


ご飯を炊く

まず米を洗う時は水道水で洗うのではなく、ミネラルウォーターを使って
研いだ米を十分に給水させてから炊くと美味しくふっくらと
炊き上がります。
しかしミネラルウォーターを使って研いでいたのではコスト的に
無理がでてきます。対処法として米を研ぐ前の10分間をミネラルウォーター
に浸して十分給水させ水道水で研ぎます。
米を硬度の高い水で炊くとご飯がパサパサになってしまうので基本的には
軟水がよいようです。
                            

野菜を茹でる、煮物

硬水には野菜を硬くさせる成分があるので野菜を茹でるには軟水が
適しています。
野菜を柔らかくなるまで煮込むときは軟水が適しています。
ただし歯ごたえを残したい場合やアクの強い野菜を煮るときは硬度が高め
の水を使うと口当たりがよくなります。  
                            

肉料理

固めの肉をじっくり煮込むシチューやポトフは硬水が適しています。
硬水にはカルシウムなどのミネラルが含まれていて、これが肉を硬 くして
いる成分と結びつきアクとなって出てきます。
このアクを丁寧に取り除けば肉はやわらかくなり、
旨み成分だけが残る美味しい スープができるのです。
                                  

和風だし

昆布やかつお節など味わいのある和風だしをとるには軟水が適しています。
軟水は抽出力が強いので昆布やかつお節のように短時間で旨みを出す
だしのとり方に使います。
軟水は長時間煮出すと臭みが出てきます。
煮干のような臭みのある食材のだしは硬度の高い水を使ったほうが
臭みをおさえることもあります。


便利な硬度別ミネラルウォーターの使い分け
硬度 料理
0〜50 (軟水) 和風だし、ほたて等の水もどし、椎茸、緑茶
51〜100(軟水) 炊飯、料理全般、紅茶、コーヒー
101〜200(硬水) 鍋物、ウイスキーの水割り
201〜300(硬水) 洋風だし
301〜500 (硬水) 食前酒代わり、(食欲増進効果がある)
501〜(硬水) 妊産婦のカルシウム補給、スポーツ後のミネラル補給




このページの上へ次のページへ
《水って何?》
水の性質
水の効用



《おいしい水 》
美味しい水とまずい水
硬水と軟水



《水と生活》
硬水、軟水と料理
水を飲むタイミング
愛煙家の人に
アルコールがかかせない人に



《水と体》
体内での水のはたらき
水を飲むとむくむのはウソ
体に合う水、合わない水
水でダイエット
ドロドロ血液と生活習慣病



《自分に合う水はどれ? 》
自分に合った水を見つけるキーワード
市販ボトルのラベルの見方
アルカリイオン水
海洋深層水
水道水


スポンサードリンク
Copyright (C) リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活 All Rights Reserved