リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活自然のちから【message】TOP|ハーブ作用 用語一覧

スポンサーリンク

ここではハーブ作用効能の中で難しい用語や、頻繁に出てくる用語を解説します。

うっ血除去

血液が貯留しているのを除去する働き

うっ滞除去

水分が貯留しているのを除去する働き

肝機能亢進

肝臓の機能を高める働き

緩下(かんげ)

腸からの排便を促す働き

緩和(かんわ)

粘膜を保護し、刺激をやわらげる働き

強心

心臓を刺激して活性化する働き

強壮

からだのいろいろな機能や能力を向上させる働き

去痰(きょたん)

気管支から過剰な粘液を排出し、除去を促す働き

駆風(くふう)

腸内にたまったガスを排出させる働き

血圧降下

血圧を低くする働き

血管拡張

血管壁を拡張させる働き

月経促進

生理を起こさせる働き

月経調整

生理のリズムを整える働き

血糖値降下

血糖値を下げる働き

解毒

毒性物質を中和させる働き

解熱

からだを冷やして高い体温を下げる働き

健胃

胃液の分泌活動を刺激し、胃の不調をいやす働き

抗アレルギー

ぜんそくや花粉症などのアレルギー反応を軽快させる働き

抗ウイルス

ウイルス(B型肝炎、C型肝炎、HIV、ヘルペスなど)の増殖を抑制する働き

抗うつ

うつな気分を明るく高める働き                        このページの上へ↑

抗炎症

炎症または熱をしずめる働き

抗菌

菌の増殖を抑える働き

抗痙攣(こうけいれん)

けいれんを抑える働き

抗酸化

酸化を防ぐ、または遅らせる働き

抗ヒスタミン

ヒスタミンの作用を抑える働き

抗真菌

真菌(カビ)の増殖を抑える働き

抗リウマチ

リウマチを軽快させるのに役立つ働き

催淫(さいいん)

性欲を強める働き

催乳(さいにゅう)

乳汁の分泌を増大させる働き

殺菌

細菌と戦い、これを殺す働き

弛緩(しかん)

ゆるめる働き

子宮強壮

子宮を強壮させる働き

子宮刺激

子宮を刺激する働き

子宮収縮

子宮を収縮する働き

刺激

アドレナリンの分泌量を増加させ、エネルギーを増進させる働き

止血

出血を止める働き

収れん

組織を引き締め、収縮させ、結束させる働き

消炎

炎症をしずめる働き

浄化

清浄する働き

消化促進

消化を助ける働き

浄血

血液を浄化する働き

神経強壮

神経と神経系を強化する働き                       このページの上へ↑

制酸

体内の分泌物の酸性度を低めたり、酸を中和する働き

制汗

汗の出を減少させる働き

制吐

嘔吐を抑える働き

創傷治癒

傷の痛みを抑え、治癒を促す働き

組織細胞賦活

細胞の働きを活性化する働き

代謝促進

体細胞内でおこなわれる科学的変化、とくにエネルギーの発生を促す働き

胆汁分泌促進

胆汁の分泌量を増大させる働き

鎮痙(ちんけい)

けいれんをしずめる働き

鎮咳(ちんがい)

せきをしずめる働き

鎮痛

痛みをやわらげる働き

通経(つうけい)

生理を促し、規則的にする働き

発汗

汗の出を促す働き

ホルモン調整

ホルモンの分泌のバランスを整える働き

ホルモン様

卵胞を発育させるホルモンの働きを刺激する働き

抹消血管拡張

抹消血管を拡張する働き

免疫賦活(めんえきふかつ)

免疫機能を高める働き

利胆

胆汁の排出を促進する働き

利尿

尿の排泄を促進する働き

ハーブティーで元気!

イライラうつ・落ち込み眠気・無気力不安・心配不眠・寝不足疲労花粉症夏バテ偏頭痛・頭痛眼精疲労風邪予防胃腸の不調下痢便秘肝機能生理痛貧血冷え性更年期障害免疫力強化むくみ体力・気力低下膀胱炎高血圧前立腺肥大症

ハーブティー事典

ハーブティーを楽しむ場合は気をつけることが二つあります。まず、お茶にしても良いハーブかどうかを確かめること。 二つめは、用いる部分を間違えないことです。 いろいろなハーブを知ってくださいね。

 

ハーブ・ハーブティーの効能・効果一覧

胃の不調/イライラ/うつ・落ち込み/カゼ/花粉症/肝機能/緊張/下痢/口臭/高血圧/更年期障害/シミ/ 生理痛・月経前症候群/集中力/前立腺肥大症/夏バテ/ニキビ/眠気・無気力/肌あれ/冷え性/疲労/貧血/ 不安・心配/二日酔い/不眠/偏頭痛・緊張型頭痛/便秘/膀胱炎/母乳の出をよくする/むくみ/目の疲れ/免疫強化

ハーブ・ハーブティー作用と用語一覧

ハーブティー作用の中で難しい用語や、頻繁に出てくる用語を解説します。


【PR】ミネラルウォーター